車でお金を借りる融資は安全?危険?

車でを担保にしてお金を借りるより、カードローンですよ。

世の中には、いろいろなところからお金を借りることが可能になっています。
大手の銀行系や消費や金融系、生命保険会社から国などからも可能な場合があります。

 

また怪しげなところも含めると多種多様なものがあります。
その中において、自分の持っている自家用車を担保としてお金を借りられるものがあります。

 

車を担保にしてお金を借りる

 

自動車ローンやマイカーローンとは違います。
これらは車の購入を目的としたローンなのです。

 

車を持っている人が、車を担保にしてお金を借りることを車担保ローンとも呼ばれています。
これは車を業者が査定して、その金額を上限にお金を貸してくれるものです。

 

車を担保にしているのですが、お金の返済が出来なければ車は取り上げられてしまうのです。
ただそれだけならばいいのですが、この車を担保してお金を借りるのには思わぬ落とし穴があったりするのです。

 

二通りある車担保ローン

 

@名義変更はそのままに査定額を借りて返済する(車を使える場合と預ける場合の2通りある)。
A名義変更を業者に移して、業者からリースする形で車を使う。

 

上記において@の場合は、返済出来なければ車は差し押さえられてしまいますがそれ以上のことは発生しません。

 

問題はAの場合です。

 

リース料が発生してしまうからです。
このリース料というのが曲者です。
なにせお金の貸し借りならば、利息制限法というもので上限が決まっていますがリース料はこの利息制限法はないので高額な金額を請求される可能性があるからなのです。

 

しかもこのリース料は単なる車の使用料なので、支払っても借りた元金や利息が減るわけではありません。
元金と利息は、リース料とは別に返済していかなければならないのです。
さらにはこの他にも査定料や手数料なども取られることもあり、元金よりもかなりの上乗せをして返済しなければいけないことになってしまうのです。

 

それでもなお、車を担保にしてお金を借りてしまう人もいます。
それはなぜでしょうか?

 

実はそういう人は、すでにかなりの金額を金融機関から借り入れている場合が多く、その結果普通の金融機関からはお金を借りることができなくなってしまっている人が多いのです。

 

自分の持ち物を質屋に入れるのと似ています。
どうしてもお金に困ってしまった場合の最終手段は、自分の持ち物を売るか、持ち物を担保にしてお金を借りるかになってしまうものなのです。

 

メリットは、他からお金を借りられなくなった時でも車を担保にして、すぐにでもお金を用立てることぐらいだと思います。
逆にデメリットの方がウエイトは大きいです。

 

 

・査定金額の低さ
・手数料がかかる
・リースという形をとった場合には、利息制限法は適用されないのでリースが高額になってしまう。
・返済出来なければ車は差し押さえられる

 

どうですか?
これでも車を担保としてお金を借りたいでしょうか?

 

 

お金を必要な時というのは、とにかく焦ってしまいがちです。
なんでもいいからすぐにでもお金が欲しいというような気持ちに陥りがちになってしまいます。

 

こういう時こそ、ゆっくりと時間をかけて検討するべきだと思います。
どうせすぐに返せるかと思って自分の愛車を担保にしてしまい結局のところは、返済出来ずに車はなくなってしまい、さらにその上にリース料などを支払う義務が生じてしまうのです。

 

もうこうなってしまっては、どうしようもできません。
車ばかりか自分の生活さえも危うくなってきてしまうのです。

 

くれぐれも悪い業者に引っかからないように、細心の注意を払わなくてはなりません。
そもそも車を担保にお金を借りぐらいならば、思い切って売ってしまった方がいいかもしれません。

 

通勤で車を使っていたしても、電車やバスに切り替えればいいだけのことです。
車もお金も両方欲しいというような願望は、借金している身ならば特に我慢しなければいけないのです。

 

しかし、車を担保に入れなければならいような状況になったのならば一つの会社だけではなくて、複数の会社を検討するようにしてください。

 

車の担保ローンは審査も車の査定が終われば早めに出ると思います。
一般お金融機関ならば、他社の借り入れや返済履歴などを審査するために一定の時間がかかってしまいます。

 

車を担保にするのですから、返済なければ業者側は車が手に入るので車の査定の方が重要だと思います。
車の担保ローンを使って見る前にカードローンを検討してみてください。

 

カードローンで借りられるのならば、車の担保ローンは使用しない方がいいのです。

 

カードローンについて知る

カードローンとは、カードを使用してATMから現金を引き出してお金を借りることができるローンです。

 

特徴としては、
担保して不動産などまたは保証人などを必要としません。
無担保・無保証人でお金を借りることができるのです。

 

使う目的は自由に使えます。
住宅や教育などのローンはその目的以外での使い方はできません。
しかし、カードローンは目的は限定されないので生活費などや遊興費など自由に使えるのです。
何度でも繰り返して借り入れや返済ができる
カードローンは利用限度内ならば何度でも利用することができます。

 

カードローンの申し込み方

ほとんどのカードローンは、インターネットからの簡単な入力で申し込みが可能になっています。
住所や名前、年収などを入力していきます。

 

カードローンの店舗の窓口まで行かなくてもいいので、ご近所などの目も気にせずに申し込みができるのです。

 

お金を借りるということはなにかと人の目がきになるものです。
これが部屋に居ながら申し込みができるのです。
これならば安心ですね。

 

さらに本人確認書類等の提出も必要ですが、これもインターネット上で写メで撮って送付できるところが多くなってきています。

 

申し込んだ後は審査がカードローン会社で行われます。
住所や勤務先、年収などの基本的なことから他社からの借り入れがあるかどうかも審査されます。

 

必要以上に借りていたり何社からも借り入れがあるようならば、審査を通ることは難しいかもしれません。

 

この場合には、過去の返済履歴なども見られると言われていますので、現在返済中の方も延滞などないように注意しましょう。

 

この審査が通れば、お金を借りることが可能になるのです。

 

カードローンは即日融資も可能

 

即日融資とは、申し込んだその日にお金が借りられることを言います。
急いでお金を用意して欲しい場合には、この即日融資を利用すればいいと思います。

 

即日融資のコツは、その日の早いうちに申し込むことです。
そうすれば自分の口座振り込みという形で融資してもらうことができるのです。

 

車の担保とカードローン

両者を比較すれば、どちらも借りられる状態ならばカードローンおすすめです。
車の担保ですと元金と利子以外にも、リース料金など高額請求の可能性もあるからです。
車を担保にするのならば、このようなリスクを覚悟の上で利用しなければなりません。

 

一方でカードローンは、今では利率も結構低いものもありますので自分の用途に合わせて返済計画をきちんと立てて利用すれば、便利なものだと思います。

 

借り入れや返済も近くのコンビニのATMでできますので、何かのついでに利用することが可能です。
お金に困ることはよくあることです。
しかし、あせって借りることは厳禁です。
自分が必要な目的に合わせて、計画的に返済できるように十分検討してから利用するようにしてください。